KN 死刑囚の執行、選んだ理由は黒塗り 法務省の公開文書

法務省を探針でつついたらこんな反応が返ってきました。」

てのがわかったということで、

国民に知る権利がないこととか、

情報開示しないのにわざわざ黒塗りは紙とインクの無駄とか、

そういう議論の発端にはなるのではなかろうか。

訴訟とかやってみたらよいと思う。

税金で作った書類だろが。

死刑執行の理由とはまた切り離して考えたい事案である。

で、

やっぱり死刑執行の理由にも踏み込むと、

この書類が整うのに6ヶ月の期間が設けられていると思うのだけど、

それが期限内に行われないっつーのはやっぱり職務怠慢。

仕事しろ。

納期守れ。

判断は司法の仕事。

判断はもう終わっているのだから。

もう少し踏み込むとすると、

躊躇なく執行できるように科学的な捜査を徹底すべし。

自白強要とか、

証拠紛失とかやってるから、

おかしなことになる。

そのため(科学的な捜査のため)の技術開発や投資に力入れていこう。

■死刑囚の執行、選んだ理由は黒塗り 法務省の公開文書

(朝日新聞デジタル - 12月30日 11:10)