マネージャー

あおきゆう連続天然ボケ事件

「龍人は見た!」シリーズ 第488話

『マネージャー』

ゆうさんは私のマネージャーで、

講演会で販売する本や、

配布するチラシなどを自宅で管理してもらっています。

ゆうさんと私で企画した講演会の日。

会場で本を並べていたゆうさん、

『長島龍人のブラックショートショート

という本が一冊しかないことに気づきました。

前回の講演会で販売してから、補充していなかったのです。

その後、しばらくゆうさんが見当たりません。

帰ってくると、チラシが足りなかったので、

コピーをとりに行っていたとのこと。

聞けば自宅にはまだたくさんあるそうです。

本番が始まり、まず、ゆうさんの紙芝居です。

ゆうさんが言いました。

「では、紙芝居のはじまりはじまり〜」

私は拍子木を打ち、BGMをかけました。

するとゆうさん。

「あれ、変なことになってる」

舞台で慌てているので私は跳んでいきました。

見ると、前回やったときに紙芝居の順番をおかしくしたようです。

私はすぐに直しましたが、出番の前に登場する羽目になりました。

どっちがマネージャーなんでしょうか。

広告を非表示にする