学歴はものを言いますが

本当の意味でものを言うのは大学で何をしてきたかです。高校までは謂わば押し付けで嫌々勉強してきたのが、大学で初めて受身ではなく主体的に勉強します。そこで自分の好きな分野、やっておくと仕事に有利な分野など、色々勉強して自身の血となり肉となれば完璧です。とは言っても十人十色、人それぞれ。学術の徒のように自分の興味のある分野だけを追求しても一向に構わない。

年食ってから大学行くのも良いと思います。私自身生物の勉強がどうしてもしたくて、科目等履修生として昨年度大学に通ってましたし。よく言ってますが、日本はどうしても考えや画一的で、敷かれたレールの上を外れるとアウトなところがあります。

■学歴コンプレックスは一生もの? ロンブー淳の青学受験に坂上忍も「生まれ変わったら大学まで行ってみたい」

(キャリコネ - 09月26日 13:31)